お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan

26

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために
Registration info

無料参加枠(オンライン)

Free

Attendees
293

Attendees
kazuuuuuuuuuuuuu
おがどら
_kotetsu_
bdm
satos
Sora Ichigo
kobayshid
ham
enkunkun
大田浩(きょーじゅ)
View Attendee List
Start Date
2024/01/26(Fri) 12:00 ~ 13:00
Registration Period

2024/01/16(Tue) 08:31 〜
2024/01/26(Fri) 13:00まで

Location

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

✍️概要

開発生産性というワードをよく耳にするようになったものの、
・どのような背景・経緯で開発生産性に着目したのか
・どのように定義し、組織運営に組み込んでいるのか
「そもそも」なぜ開発生産性に焦点を当てる組織が増えているのでしょうか。

今回は株式会社PR TIMESのCTO 金子さんと株式会社SmartHRのVPoE 森住さんをお呼びし、
組織運営における開発生産性向上への着目背景〜可視化の意義など、よりよい組織づくりをするためにどのような想いを持たれているのかをLT形式でお話しいただきます!

お二人に聞いてみたいことを、申込み事前アンケートにご記入ください !

当日、LT毎のQ&Aコーナーで回答いただきます!
すべてのご質問については触れられない可能性がありますのでご了承ください

🕛タイムテーブル

時間 セッションタイトル スピーカー
12:00 ~ 12:05 オープニング
12:05 ~ 12:30 LT①:『開発生産性可視化の意義とPR TIMESの事例』 株式会社PR TIMES 開発本部長CTO 金子 達哉 @catatsuy
12:30 ~ 12:55 LT②:『開発生産性と探索型組織のつくり方』 株式会社SmartHR VP of Engineering 森住 卓矢 @t_morizumi
12:55 ~ 13:00 クロージング

🧑‍💻こんな方におすすめ

  • アジャイル開発や開発生産性向上を推進していきたいが、社内改革をしていく上で改めて「開発生産性とは?」を学びたい方
  • 他社の幹部層がどのように開発生産性を定義づけ、組織へアクションをしているか知りたい方
  • 開発生産性向上に取り組む予定があるマネージャー・CTO・VPoEの方

☑️イベントのゴール

  • 各社の考える「開発生産性」がわかる
  • 各社の状況に合わせて、どのように生産性向上への意識改革を推進してきたのかがわかる
  • 開発生産性向上の必要性、取り組む上でのケアポイントがわかる

🗣️スピーカー


金子 達哉 @catatsuy
株式会社PR TIMES
開発本部長CTO
株式会社PR TIMES開発本部長CTO。ピクシブ・メルカリを経て現職。ISUCON9予選・ISUCON6本選出題。ISUCON9予選では問題・ベンチマーカーを実装。達人が教えるWebパフォーマンスチューニング(通称:ISUCON本)の著者の1人。


森住 卓矢 @t_morizumi
株式会社SmartHR
VP of Engineering
2012年からウェブ業界で働きはじめ、受託開発や事業会社でのSaaS開発を経て2018年8月にSmartHR入社。バックエンドエンジニアとしてSmartHRの開発に携わりつつ、スクラムやアジャイルの普及活動を行う。その後、オプション機能を開発するチームのプレイングマネージャーを担当し、30名ほどのマネジメントを行うエンジニアマネージャーを経て、2022年1月より現職。

⚠️諸注意

  • 参加用リンクは開催当日、参加確定者にconnpass経由で通知します
  • エージェントの方や営業目的でのイベントの参加はご遠慮ください
  • 性別/性的指向/障碍の有無/人種/宗教/年齢/容姿/体格/技術の選択に関わりなく、 誰もが気持ちよく参加できるようにご協力ください
  • 当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • イベント参加時に入力いただいた情報は、以下に基づき扱います。
    ファインディ株式会社 プライバシーポリシー

📣主催・運営



ファインディ株式会社

  • 「Findy Team+」エンジニア組織のパフォーマンス最大化サービス :
    弊社独自の強みである「スキル偏差値」で培ってきたアルゴリズム・ノウハウを活用して、GitHubを連携いただくだけで、その組織に属するエンジニアのパフォーマンスや活動状況を見える化します。

  • 「Findy Tools」
    開発ツールに特化したレビューサイト。実際に利用している企業の声を元に、開発ツールの導入や検討に必要な情報が集約されており、企業の技術選定をサポート。

Feed

wakako_komuro

wakako_komuroさんが資料をアップしました。

01/27/2024 17:30

wakako_komuro

wakako_komuroさんが資料をアップしました。

01/27/2024 17:29

Ended

2024/01/26(Fri)

12:00
13:00

Registration Period
2024/01/16(Tue) 08:31 〜
2024/01/26(Fri) 13:00

Location

オンライン

オンライン

Attendees(293)

kazuuuuuuuuuuuuu

kazuuuuuuuuuuuuu

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

おがどら

おがどら

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

_kotetsu_

_kotetsu_

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

bdm

bdm

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

satos

satos

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

Sora Ichigo

Sora Ichigo

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

kobayshid

kobayshid

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

ham

ham

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

enkunkun

enkunkun

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

大田浩(きょーじゅ)

大田浩(きょーじゅ)

一人一人が意識する開発生産性 - 組織の当たり前基準と顧客価値を上げるために に参加を申し込みました!

Attendees (293)

Canceled (6)