お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apr

8

開発者体験×開発生産性 - 各組織フェーズにおけるCTOの視点とは

開発者体験×開発生産性 - 各組織フェーズにおけるCTOの視点とは
Registration info

無料参加枠(オンライン)

Free

Attendees
390

Attendees
shamada
y_mitsuhide
T.Kikuchi
hako1
Daiki Suyama
大田浩(きょーじゅ)
_kotetsu_
kyohei
TakayasuHattori
m_tomiyama
View Attendee List
Start Date
2024/04/08(Mon) 12:00 ~ 13:00
Registration Period

2024/03/19(Tue) 08:01 〜
2024/04/08(Mon) 13:00まで

Location

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

✍️概要

本イベントでは、一般社団法人 日本CTO協会 松岡代表理事をお招きし、
開発者体験と開発生産性の結びつき、開発生産性そもそもの位置付けから、組織の各フェーズごとにどう生産性を高めるのかについて、松岡さんのこれまでのご経験をもとに対談形式でお伺いします。
モデレーターはファインディCTOの佐藤が務めます。

開発者体験や開発生産性の向上に関心のあるエンジニア、組織運営に携わる方々にとって、貴重な学びの機会となることを目指すイベントです!

登壇者に聞いてみたいことを、申込み事前アンケートにご記入ください !

当日のQ&Aコーナーで回答いただきます!
すべてのご質問については触れられない可能性がありますのでご了承ください

🎁参加方法とプレゼント企画

URLはお申し込みいただいた方へ視聴用リンクをお渡ししています。
参加後アンケート回答者の中から抽選で5名様へ以下の書籍をプレゼント差し上げます。
『エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』

🕛タイムテーブル

時間 セッションタイトル
12:00 ~ 12:05 オープニング
12:05 ~ 12:45 パネルディスカッション
12:45 ~ 12:55 Q&A
12:55 ~ 13:00 クロージング

📍トークテーマ

  • 開発者体験とは?
  • 開発者体験から見る、開発生産性の位置づけ
    • 開発生産性がよくなると開発者体験はどう変わるのか?
    • 開発生産性とは何で、どこにプロットされるのか?
      • BS<->PL<->KPI(プロダクト)<->開発者体験など様々有る中の一つとして、開発者生産性
  • 開発生産性はいつ誰がどのように高めるのか?
    • Roger SmithのCTO4分類

🧑‍💻こんな方におすすめ

  • 開発生産性というワード自体は知っているが、これから取り組みを始めようと思っている
  • 開発生産性向上に取り組む予定があるマネージャー・CTO・VPoEの方
  • 開発生産性・開発者体験に向き合っていて、他社の事例や考え方について知見を広げたい方
  • 組織のパフォーマンス向上に向けて取り組んでいるが、どのように活動・成果の報告をすればいいかわからない方

☑️イベントのゴール

  • 開発生産性向上の必要性、取り組む上でのケアポイントがわかる
  • 開発者体験/開発生産性の向上に向けて次の一歩を踏み出せる

🗣️スピーカー


松岡 剛志 @matsutakegohan1
一般社団法人 日本CTO協会 代表理事
コインチェック株式会社 執行役員CTO / 株式会社うるる 社外取締役
2001年に新卒第一期生のエンジニアとしてヤフー株式会社に入社、複数プロダクトやセキュリティに関わる。2007年株式会社ミクシィに参画し、複数のプロダクトを立ち上げたのち、2013年に取締役CTO兼人事部長に就任。 その後、株式会社Viibarの最高技術責任者を経て、2016年に株式会社レクターを創業、代表取締役に就任。2019年一般社団法人 日本CTO協会の設立と同時に代表理事に就任。そのほか、株式会社うるるの社外取締役を務める。 2022年8月コインチェック株式会社の執行役員 CTOに就任。2023年4月執行役員CTO兼CSOを経て、2023年9月より執行役員CTO 開発・人事本部長。



佐藤 将高 @ma3tk
ファインディ株式会社
取締役CTO
東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻卒業後、グリーに入社し、フルスタックエンジニアとして勤務する。 2016年6月にファインディ立上げに伴い取締役CTO就任。

⚠️諸注意

  • 参加用リンクは開催当日までに、参加確定者にconnpass経由で通知します
  • エージェントの方や営業目的でのイベントの参加はご遠慮ください
  • 性別/性的指向/障碍の有無/人種/宗教/年齢/容姿/体格/技術の選択に関わりなく、 誰もが気持ちよく参加できるようにご協力ください
  • 当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • イベント参加時に入力いただいた情報は、以下に基づき扱います。
    ファインディ株式会社 プライバシーポリシー

📣主催・運営



ファインディ株式会社

  • 「Findy Team+」エンジニア組織のパフォーマンス最大化サービス :
    弊社独自の強みである「スキル偏差値」で培ってきたアルゴリズム・ノウハウを活用して、GitHubを連携いただくだけで、その組織に属するエンジニアのパフォーマンスや活動状況を見える化します。

  • 「Findy Tools」
    開発ツールに特化したレビューサイト。実際に利用している企業の声を元に、開発ツールの導入や検討に必要な情報が集約されており、企業の技術選定をサポート。

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Ended

2024/04/08(Mon)

12:00
13:00

Registration Period
2024/03/19(Tue) 08:01 〜
2024/04/08(Mon) 13:00

Location

オンライン

オンライン

Attendees(390)

shamada

shamada

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

y_mitsuhide

y_mitsuhide

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

T.Kikuchi

T.Kikuchi

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

hako1

hako1

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

大田浩(きょーじゅ)

大田浩(きょーじゅ)

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

_kotetsu_

_kotetsu_

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

kyohei

kyohei

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

TakayasuHattori

TakayasuHattori

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

m_tomiyama

m_tomiyama

日本CTO協会代表理事 登壇!意義と目的から考える。誰にとっての開発生産性? に参加を申し込みました!

Attendees (390)

Canceled (6)